株式会社ブレイン
会社概要 お問合せ・資料請求 採用情報 サイトマップ
   
   

目的

回線事業者提供の安価な回線品目やインターネットを利用し、オフィス間を接続します。
インターネットのようなオープンなネットワークを利用する場合は、仮想的に私設網(VPN)を構築することによりランニングコストを抑えます。

イメージ図


回線初期費用(NTT東日本、ADSL専用+フレッツグループアクセスライトの場合)
ADSL工事費、モデム費用 27,300×3拠点
フレッツ・グループアクセス、ライト工事費 2,000×3拠点
  87,900

回線月次費用
ADSL利用料 4,750×3拠点
フレッツ・グループアクセス、ライト利用料 700×3拠点
  16,350


※費用は参考です。詳細はNTT東日本に確認してください。
※本社のインターネット接続関連費用はのぞきます。



説明

ルータなどの専用の機能を備えた機器はもちろん、償却済のPC-AT互換機とLINUXの組み合わせによりVPNの構築が可能です。
拠点A及びBは本社内の情報参照はもちろん、オフィス間接続回線を経由してインターネットへ接続することも可能です。
回線事業者の地域IP網を利用した接続の場合は、現在都道府県をまたがる接続はできません。
その場合インターネット上にVPNを構築して都道府県をまたがるオフィスを接続することも可能です。

商品についてのお問合せはこちら