株式会社ブレイン
会社概要 お問合せ・資料請求 採用情報 サイトマップ
   
   

目的

インターネットが一般家庭にも普及し世界的にみても利用率が高まる中、悪意を持ったクラッカー等による悪質なアクセスが頻繁に行われ、相次いでセキュリティホールが見つかっています。
この様なインターネット事情の中、企業・個人を問わずセキュリティを保持しながらインターネットを利用することが難しくなってきました。ここではセキュリティ保持のための各種ツール及び導入技術等を紹介します。

イメージ図



説明

以下のそれぞれのセキュリティツールを要件に応じて提案・設計・導入が可能です。
IDS(Intrusion Detection System)導入
IDSを導入することで、インターネットを経由して進入してくる不正進入者の検知を未然に行い、場合によっては接続を強制切断することで侵入者の経路を断つことが可能となります。
サービスを提供するために必要なポート(TCP)を空けることになりますが、このポートに関してアクセスしてくるパケットが侵入者のコードか否か判断します。
IDSにはシェアNo1と言われているReal Secure、またはフリーソフトのsnortなどのIDSの導入構築をご支援します。
Firewallの構築
強固なFirewallツールとして知られているCheck Point社のFirewall Oneの構築及び、ルータでのパケットフィルタリングを行い防護壁を実装することを提供致しします。
メール、Webアクセス等外部から必要な情報を得る上でパケットに紛れこんで進入するウィルスをネットワーク内部へ進入させないための環境の構築を提供いたします。(InterScan VirusWallを利用)
Secure Linux Server
ipchan,tripwire,libsafe等の各種ツールを適用しSecure Linux Serverの構築を提供いたします。
Security Check
現在のインターネット環境では刻一刻とセキュリティホールが見つかっているのが現状です。サーバにセキュリティホールが無いか定期的に診断を行いレポート報告を行うサービスを提供いたします。(Internet Sccaner利用)

商品についてのお問合せはこちら