株式会社ブレイン
会社概要 お問合せ・資料請求 採用情報 サイトマップ
   
   

目的

汎用機,UNIXで機能提供されているホスト間でのファイル転送機能を、今後ビジネスシーンで多用されると考えられるWindows 2000で構築、実現することを目的とし汎用機,UNIX,Windows 2000間で相互の「ファイル転送機能」を提供します。

イメージ図



説明

Windows2000上のサービスとして提供され、Windows2000が起動されていればユーザとしてログインすることなくファイル転送機能を使用することができます。
送信元の指示により通信相手ホストのコード体系より、Windows2000上の標準コード体系であるSJISへの変換が可能です。
ファイル受信時に「バッチファイル」を自動起動(送信元の指示による)させることが可能です。
一定期間を経過した「送信ファイル」、「受信ファイル」を自動的に削除することが可能です。
   
  汎用機、UNIX(EWS-4800,NX-7000,Linux等)をお持ちの事業所で、「汎用機からのデータを定期的にUNIX上に転送を行いたい」「UNIXからWindows2000のWorkstationにデータファイルをバックアップする」「Windows2000上で作成した、データファイルをUNIXに転送した後、SHELLを起動して処理を行いたい」場合など、異なるOS、異なるコード体系、のマシンが点在する環境下でいろいろな用途にご使用いただけます。

商品についてのお問合せはこちら